• スワップの魅力は、なんといっても口座に自動的にお金が振り込まれることです。現在、円、ドル、ユーロ共に低金利であり、オセアニア通貨であるオーストラリアドルやニュージーランドドルを買えば、一万通貨当たり2000円前後のスワップがつきます。銀行の定期預金は、特別優遇金利でも1%の時代です。100万円預けて1万円しか利子がつきません。仮にレバレッジが一倍だとしても、これらの通貨を買えば、年間1万円以上のスワップを得ることが可能です。ただし、為替差益には、注意する必要があります。要は、買うタイミングや売るタイミングが、非常に重要です。

FX初心者の方にはおすすめの1,000通貨からの少額投資


1asdf3 通常、FX取引では1万通貨での取引が基本となります。これを日本円に直した場合、レバレッジ25倍では32,000という金額が必要ということになります。

しかし、少額での取引に対応したFX業者を選択して1,000通貨での取引を開始するならば、3,200円で取引できることになります。この1,000通貨というのは少額のハイロー取引の基本単位でもあります。

FX初心者は1,000通貨からの取引で数々のメリットが得られる

1 練習としては金銭的にも精神的にも負担が少ない

まず初心者の方にとってはいきなり1万通貨で取引を始めるよりも、その10分の1の資金で投資できるほうが、精神的にも負担が軽くなるはずです。取引に不慣れな初心者の方にとっては、少額からの取引がおすすめです。

2 金額が小さい分数多くの取引を経験でき、投資攻略を立てる訓練にもなる。

1万通貨での取引1回に対して、1,000通貨での取引ならば10回行えます。初心者にとっては相場を読む力を養うためにも、いかに多くの経験を積むかというポイントが重要となってきますし、少額投資ならば場数を多く踏むことが可能です。

3 1,000通貨単位で小刻みに取引できる

1,000通貨単位での取引ならば、1万通貨分を購入して利益が出ている場面で6,000通貨分のみ確定させ、4,000通貨分は引き続き相場を見守るといったような、状況に応じた小刻みの取引ができます。

4 大きな損失を防げる

1万通貨の場合は金額が大きいため、あまり色々な通貨を一度に購入することは難しいですが、1,000通貨単位での購入であれば、様々な通貨を購入し、1つの通貨で大きな損失が発生するようなリスクを回避することができます。つまり運用方法が広がるのです。デモトレードから実際の取引に移行するにあたり、本物の自己資金を使うようになるわけですから、少額のほうが安心感が大きいに決まっています。しかし少額でも本物の資金で取引を開始すれば、緊張感を持って相場を読むことができるようになるはずです。

少額からの投資なら損失も小さい

もし1円の為替の変動により損失が発生するとなると、1万通貨単位での取引なら1万円の損失となります。1万円という損失額は大きな痛手になるはずですから、これでは初心者の方はおいそれとFXには手出しできなくなることでしょう。しかし、1,000通貨での取引ならば、損失額を1,000円で食い止めることができます。

一方このような少額取引を用意している業者にとっては、1,000通貨の取引というのは利益度外視の出血大サービスと言えます。スプレッド幅が狭い業者なら、1,000通貨の片道取引で得られる利益はせいぜい7円です。それでも顧客の練習に付き合ってくれるようなFX業者の例としてスマホも使えるSmartOptionが挙げられます。大変良心的と言えるでしょう。




Copyright 為替海外.com