• スワップの魅力は、なんといっても口座に自動的にお金が振り込まれることです。現在、円、ドル、ユーロ共に低金利であり、オセアニア通貨であるオーストラリアドルやニュージーランドドルを買えば、一万通貨当たり2000円前後のスワップがつきます。銀行の定期預金は、特別優遇金利でも1%の時代です。100万円預けて1万円しか利子がつきません。仮にレバレッジが一倍だとしても、これらの通貨を買えば、年間1万円以上のスワップを得ることが可能です。ただし、為替差益には、注意する必要があります。要は、買うタイミングや売るタイミングが、非常に重要です。

FX会社を選ぶこつを知ることはFXで成功するには必須


as9df3 FX比較検討でまず見るのが、スプレッドです。

スプレッドは取引会社通貨ペアでも違ってきますが、スプレッドが小さければ小さいほど、取引のコストが下がるので、利益は上がります。最近のFXでは手数料を無料するなどして、スプレッドを実質的な手数料としている会社も増えています。

次のポイントは、レバレッジです。レバレッジ設定可能な範囲を確認しましょう。レバレッジの設定は取引会社によって異なります。最大レバレッジが何倍か、ということ、1倍からの設定が可能かなど、チェックしましょう。

レバレッジをきかせれば、少ない資金でも、大きな利益をあげられますが、それだけではなく、自分の投資スタイルにあっているかどうかもポイントです。Forexを始めようと思っている方であれば、まず1~3倍程度のレバレッジから始めてみてはいかがでしょうか。また、あわせて、スワップポイントはいくらかもチェックしましょう。

会社によって異なるのが、取扱している通貨ペアの種類です。これが豊富かどうかというのも、大事なポイントになります。また「金融派生商品.com」もあります。

とくに、自分が取引したいと思っている通貨ペアの取扱があるかというのは、事前にきちんと確認しましょう。

それ以外の点でいうと、信託保全や分別保管をきちんとしてるFX会社を選ぶというのも大切です。そうしないと万が一その会社が破綻した場合、こちらの証拠金も差し押さえられてしまう可能性がありますので、注意してください。



Copyright 為替海外.com